給与 / 社会保険に関する FAQ

Q:従業員給与の所得源泉地(国内源泉所得と国外源泉所得)は、どのように判断するのですか?

原則的として、従業員が受ける給与等の所得源泉地は、勤務地により判断します。

(原則的取扱い)
日本の税法上、給与等の所得源泉地が国内と国外のいずれに該当するのかは、給与等を得る者の「勤務」がどこで行われたかによります。したがって、日本国内での勤務に基づき得られる給与等の所得源泉地は日本となり、国内源泉所得に該当します。一方、国外での勤務に基づき得られる給与等の所得源泉地は国外となり、国外源泉所得に該当します。その給与等がどこで支払われたかは関係ありません。
但し、内国法人の役員が受ける給与等の所得源泉地は、勤務地にかかわらず日本になります。

(役員の例外的取扱い)
原則的な取扱いに対し、内国法人の役員の場合には例外的な取扱いになります。内国法人の役員については、たとえその勤務が国外で行われた場合であっても、国内において行われた勤務とされます。このため、内国法人の役員の立場として得る役員給与や役員賞与の所得源泉地はすべて日本となり、国内源泉所得に該当します。

関連サービス

問題解決型・外資系経理アウトソーシング

米国公認会計士、英文会計・経理経験者が、経理業務のコスト削減を実現するだけでなく、管理業務全般の効率化を同時に実現します。

国内法人向けの税務サービス

組織再編、海外進出など様々な経営課題について、どのようなご相談でも素早く応じます。コンサルティング経験が豊富で、税務・経理業務に精通しているからこそ、貴社の状況を踏まえた適切なアドバイスができるのです。