中国会計に関するFAQ

Q:増値税とは何ですか?また、営業税とは何ですか?

日本の消費税に相当するのが、流通税類と呼ばれるもので、以下の3税目で構成されています。

【増値税】
増値税とは「中国国内における物品販売」、「加工、修理補修役務」、「輸入貨物」に課される税金です。日本の消費税に近いですが、インボイス(専用発票)制となっている点が大きな特徴となっています。増値税の仕入税額控除のためには、増値税専用発票が必要となることに留意する必要があります。
税率は、以下となっています。

【営業税】
中国国内で、課税役務の提供、無形資産の譲渡、不動産の販売を行う際に課される税金です。中国子会社が日本の親会社に借入金利息やマネジメントフィーを支払う際には、営業税が課されます。
税率は、以下となっています。なお、営業税と共に約1%の地方附加税が課されます。

【消費税】
中国国内で特定の消費品を製造、委託加工および輸入する場合に課される税金です。
具体的には、以下の消費品に課税されます。


関連サービス

IFRS /米国基準の導入支援

欧米企業への経理支援や監査を通じてIFRS /米国基準の実務をよく知る公認会計士が中心となり、IFRS /米国基準の導入を全面的に支援いたします。

海外子会社の内部監査の支援

豊富な内部監査経験を蓄積し、海外の商習慣や言語に精通したコンサルタントが、海外子会社の内部監査業務の代行(または共同作業)を行います。