中国会計に関するFAQ

Q:増値税の仕入税額控除に必要な「増値税専用発票」の認証ついて教えてください。

【仕入増値税発票の認証】
増値税の仕入税額控除の対象は以下の3種類で、そのうち、国内仕入増値税及び運送費については、関連の発票を税務当局に持参し、月次で認証を受ける必要があります。

区分 認証の要否 補足説明
国内仕入 取得した「増値税専用発票」に記載されている増値税額について控除されます。
運送費 所定の運送費発票金額の7%について控除されます。
仕訳例は次の通りです: 
借方 輸送費 93 / 貸方 買掛金(運送会社)100
借方 仕入増値税 7
輸入仕入 不要 電子申告画面には、輸入仕入に関する情報を入力します。申告された情報と税関側の納付情報は後日電子的に照合されるため、紙による認証は不要です。


【認証できないケース】
認証は発票の内容をスキャナーで読込み、電子的に行われるため、次のような理由により認証できない場合があります。

認証できなかった場合は、その発票に係る仕入増値税額を控除することはできません。

関連サービス

IFRS /米国基準の導入支援

欧米企業への経理支援や監査を通じてIFRS /米国基準の実務をよく知る公認会計士が中心となり、IFRS /米国基準の導入を全面的に支援いたします。

海外子会社の内部監査の支援

豊富な内部監査経験を蓄積し、海外の商習慣や言語に精通したコンサルタントが、海外子会社の内部監査業務の代行(または共同作業)を行います。