中国子会社の月次管理

中国にてアパレル関連事業を展開する子会社の月次管理

project-w10-img1

業種|アパレル関連事業
規模|50名
売上|10億円
 
月次ベースで中国子会社の経理をレヴューし、年次では現地訪問して内部監査を実施

プロジェクトの背景

お客様の中国子会社には日本人の駐在員がおらず、かつ、日本の親会社でも中国語を話せる人がいなかった。そこで、中国子会社の管理のために、弊社が経理レヴューと内部監査サービスを提供することになった。

業務・提案内容

(1)現地の経理資料(中国語)の月次データ分析(異常点の発見)

毎月、弊社が現地子会社から試算表、補助簿、管理資料データを取り寄せて、売掛金、在庫、買掛金、経費勘定の内容を分析し、異常点の発見を行う

(2)月次分析報告会の実施

弊社主導のもと、上記で発見された異常点について、日本の親会社、中国子会社、弊社の3者で電話会議を主催。問題点の背景や解決策について3者で協議し、翌月の電話会議では前月の問題点が解決されたのかどうかを確認。

(3)中国子会社に対する内部監査の実施

年に1度、日本の親会社の経理部とともに現地を訪問し、数日間の内部監査を実施

プロジェクトの成果


関連サービス

海外子会社の月次管理サービス

海外子会社に日本人の財務管理者が駐在しないまま、現地事業が拡大し続けているケースが増えています。ふと気付いた時には、多額の不正や粉飾が発生していたということも珍しくはありません。弊社では、経験豊富なスタッフが、以下の業務を提供しております(日本語、英語、中国語対応)。