外資系企業向け会計税務サービス

外資系企業向け会計税務顧問

project-w10-img1

業種|通信関連
国籍|アメリカ
規模|10名
売上|15億円
 

プロジェクトの背景

経理部長の退職を機に、経理業務のマネイジメントを弊社が受託することになった。その後、新システム導入プロジェクトもスタートしたため、その導入支援も実施。

業務・提案内容

(1)親会社への月次レポーティング資料(英語版)のレヴュー作成

・Monthly reporting package(B/S, P/L, キャッシュフロー計算書, 注記データ, 管理データ)のレヴュー
・Annual forecast およびBudgetのレヴュー

(2)税務申告業務

法人税や消費税などの税務申告のほか、外国法人との取引に係る消費税や源泉税の取扱いについてアドバイスやコンサルテーションを実施。

(3)システム導入支援

新システムへのデータ移行処理、ならびに新システムが実務に定着するまでのトレーニング等の支援
・親会社と同一の業務システム(英語版のERP)の導入支援
・経理モジュールの導入支援

(4)監査法人に対する対応

年度末には、US-GAAPに基づいた監査法人の会計監査が行われる。この会計監査対応についても、弊社で説明資料を準備したり、質問への回答などを実施。

関連サービス

外資系法人向けの税務サービス

外資系企業特有の税務問題に丁寧に対応していきます。経理業務のアウトソース業務とワンストップで、税務コンサルティング経験が豊富なスタッフが幅広い観点からアドバイスいたします。