累積赤字を有効活用したグループ事業の再編支援

累積赤字を有効活用したグループ事業の再編支援

project-w10-img1

業種|語学教育関連事業
国籍|日本
規模|120名
売上|7億円
 
グループ会社の役割が不明確な状態が、税務上の負担増とカニバリゼーションによる経営の非効率化を生んでいた。株主の利害調整を行った上で、税務上の問題もクリアにし、組織再編に成功した。

プロジェクトの背景

語学事業を営むS社は、事業拡大および節税目的でグループ会社を4社設立して事業運営をしていたが、各グループ会社の設立目的からは乖離し、子会社の事業上の役割が曖昧になり、事業上のオーバーラップも生じ、かつ税務上も節税メリットを十分に受けることができない状態に陥っていた。

業務・提案内容

プロジェクトの成果

親族間の利害調整と相続税対策などに時間がかかり、合併までに2年を要したものの、E社の税務上の繰越欠損金の有効期限内に組織再編を終えることができ、S社の社長と会長に満足いただける結果となった。


関連サービス

国内法人向けの税務サービス

組織再編、海外進出など様々な経営課題について、どのようなご相談でも素早く応じます。コンサルティング経験が豊富で、税務・経理業務に精通しているからこそ、貴社の状況を踏まえた適切なアドバイスができるのです。