棚卸・在庫管理システムの運用改善

棚卸・在庫管理・会計システムの導入支援

project-w10-img1

業種|アパレル関連の小売業
国籍|日本
規模|30名
売上|5億円
 
商品点数が多いこともあり、商品の月次棚卸ができておらず、また在庫管理システムの運用も中断していた。まずは簡便な方法で棚卸を実施し、在庫管理システムの運用も再開できるように支援した。

プロジェクトの背景

アパレル関連の小売業L社は、8店舗を展開していたが、アクセサリーなど商品点数が非常に多いことから、毎月の在庫棚卸ができていなかった。弊社が前任の会計事務所から記帳代行ならびに税務申告を引き継いだときには、以下のような状態であった。そのため、通常の会計税務の作業に加え、在庫管理に関する業務改善支援についても依頼を受けた。

【当時の状況】


業務・提案内容

プロジェクトの成果

従来は各店舗ごとの損益を十分に把握し切れていなかったが、在庫管理システムの運用が安定した後は店舗損益の把握が容易になった。また、商品発注も従来よりは正確に行えるようになり、過剰在庫を抱えるリスクも低減した。


関連サービス

国内法人向けの税務サービス

組織再編、海外進出など様々な経営課題について、どのようなご相談でも素早く応じます。コンサルティング経験が豊富で、税務・経理業務に精通しているからこそ、貴社の状況を踏まえた適切なアドバイスができるのです。